トップ頁 経歴 二代目襲名 歌「私のお母さん」 幼き日記録
コンサート コンサート・チラシ 新聞・雑誌記事
〜 二代目松原操襲名の思い (大滝てる子改め 二代目松原操) 〜

今年早いもので両親、霧島昇・松原操の没後二十五年を迎えました。
今までいろいろなホールでコンサートをさせていただいて参りましたが、「いつか両親のそばで歌いたい・・・」そう願いつづけておりました。
六月二日、両親の眠る大本山永平寺別院長谷寺、武田監院老師様の格別のご配慮を賜り、仏堂に於きまして両親の追善コンサートをさせていただきました。
冒頭の鼓の音に誘われ、両親も仏堂に来てくれたようでした。
コンサートもあと一曲「旅の夜風」を残すだけとなったとき、次のようなご挨拶をさせていただきました。
「今日は皆様にひとつお許しいただきたいことがございます。今まで、大滝てる子として活動して参りましたが、今ではご存じの方が本当に少なくなってしまった、母「松原操」の名をどうしても残したい・・・。そのために、母の名を継ぐことが出来ればと思いつづけておりました。けれど、自分の拙い演奏を考えましたとき、やはり今まで思い切ることが出来ませんでした。そんな折、私の歌に一番厳しい主人が「その気持があるなら、今回の追善コンサートの折、皆様にお許しをいただけたら「松原操」を継いではどうか。歌える年月もそう長くはないのだから。」と言って背中を押してくれました。今日皆様にお許しをいただけましたら、「二代目松原操」として母の歌い残した人生を、新たな気持ちで歌い継いで参りたいと思っております。」
お客様のあたたかいご承認と激励の拍手に涙が溢れました。
実はやはり大変ためらいがあり、その日の朝まで申し上げることを迷っていたのでした。
けれどコンサートでは自分でも不思議なくらい、自然に迷いなく言葉が出てしまったのです。
何か母に導かれるようでした。
導かれると言えば、私が両親の歌を歌い出したのは両親が亡くなって五年ほど経った三十八歳のときでした。母が引退したのが三十七歳・・・「自分の歌い残した人生を継いでほしい」今考えれば、母の声に導かれるように歌い出したのかもしれません。
「子供が生きていくということは、親が生きていくことでもある。親の魂を生きつづけさせるには、子供が生きつづけなければならない」両親の歌はやはり両親の声で残っていくべきだ。
私が汚してはいけない・・との思いから抜け出せない頃出合った「言葉」、この言葉にもまた導かれたようです。
「拙い歌でも私が歌うことで、両親の魂を生きつづけさせることが出来るかもしれない」そう決心を致しました。
今、改めて考えます。
私が今、両親のために何が出来るのだろうか。
晩年の父は「お父ちゃんは必ずカムバックするんだ」こういい続けておりました。
全盛期の自分を必ず越えるんだ、「旅の夜風」を超えるヒット曲を出すんだ、そう願って過酷な練習を自分に課していたのでしょう。
昭和十三年「旅の夜風」で一世を風靡した父と母。
父の「苦悩」はこのとき始まっていたのかもしれない、とも思います。
いつも「あの頃」を越えなければ・・・きっとそう思いつづけ、いつも過去の自分と戦っていたのでしょう。
さぞ苦しかったことと思います。
その当時、まだ若かった私には到底理解出来ませんでしたが、最近になって父の心が良く分かるようになりました。
「カムバックするんだ」・・・という父の願いは叶わなくなりましたけれど、私が歌うことで、少しでも皆様に父のことを想い出していただけたら、それが私の使命のような気が致します。
また、私に「お前は絶対に歌をやめてはだめよ」と言い続けた母。
引退したことに大きな後悔のあった「母・松原操」が歌い残した人生を「二代目松原操」として代わりに歩んで行くことが、母への供養になるのではと考えました。
両親の名を汚すことのないよう精一杯精進し、両親の歌を一曲一曲大切に歌い継いで参りますので、今後とも何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

トップ頁