トップ頁 二代目襲名 母への思い 幼き日
コンサート コンサート・チラシ 新聞・雑誌記事 其の他の活動
東京音楽大学 日本音楽コンクール 日本歌曲コンクール 文化放送音楽賞 伊声楽コンコルソ 日伊音楽協会
明大マンドリンクラブ 奥田良三
〜 二代目松原操 経 歴 〜
東京音楽大学声楽科卒業、同卒業演奏会。
読売新聞社主催新人演奏会、NHK新人演奏会出演。
東京音楽大学研究科(オペラ科)修了、修了演奏会参加。
1975-88 母校にて13年間後進の指導にあたる。
1979 東京文化会館推薦オーディション合格。同デビューコンサート出演。
1980 読売新聞社・日伊音楽協会主催の第16回日伊声楽コンコルソ第2位入賞。
第27回文化放送音楽賞受賞。《坂本てる子で受賞》
第3回日本歌曲コンクール入賞。
第49回日本音楽コンクール(毎日コンクール)入選。
1981 ウィーン留学。ヒルデ・ツアーディック氏に師事。
第一生命ホールにてリサイタル開催。
虎ノ門ホールでのジョイントリサイタル、故奥田良三氏との“思い出の愛唱歌” “日本叙情歌の夕べ”など、作品発表会等、数々のコンサートに出演。
1995 ウィーン・コンツエルトハウス(シューベルトザール)にて、ベーゼンドルファー1日本航空t講談社の後援で“日本のこころを歌う”と題したリサイタルを開き、現地の音楽関係者から高い評価を得る。
王子ホールにてリサイタル開催「美しき日本の心を歌う」。近年は各地に招かれ、特に日本の歌を中心にコンサート活動しているが、そのレパートリーはオラトリオ、オペラからポピュラーまで幅広い。
「霧島昇・松原操父母の心を歌い継ぐ」と題し、両親のヒット曲を歌うリサイタルも各地で展開している。
2007.03 毎日新聞社主催「毎日メトロポリタンアカデミー」にて、同題の講演とコンサートを行う。
近年、開催している、様々なジャンルの若い有能な演奏家とのコラボレーションは、心で歌を歌うという原点を伝えると言う意味で後進育成に大いに貢献している。
2009.06.02 両親の没後25年追善コンサートを菩提寺、大本山永平寺別院長谷寺において開催。
明大マンドリンOB倶楽部へのゲスト出演も数多い。
日伊音楽協会正会員、西東京演奏家連盟会員。
NHK学園市川校・新宿校講師。
霧島昇・松原操の三女